忍者ブログ
「デュエルはいつでも真剣勝負! 勝負は勝ってこそ華なんや!」
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [11/13 サシバ]
    [11/13 反空]
    [11/12 サシバ]
    [11/05 反空]
    [10/24 たかやん]
    ブログ内検索
    プロフィール
    HN:
    反空
    性別:
    男性
    自己紹介:
    「鋼鉄の襲撃者」の頃から始めました。
    ネット環境ではエタバトやってます。
    次のランクが無理ゲーなので諦めムード

    エビルナイト・ドラゴン無限回収中
    カウンター
    広告クリックしてくれるとうれしいでつ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    モンスター(17枚)
    六武衆の師範×3枚
    六武衆の影武者×2枚
    六武衆-ザンジ×2枚
    大将軍 紫炎×3枚
    真六武衆-キザン×3枚
    真六武衆-カゲキ×3枚
    紫炎の寄子

    魔法(12枚)
    六武衆の結束×3枚
    六武の門
    増援
    紫炎の狼煙×3枚
    紫炎の道場×3枚
    ハリケーン

    罠(11枚)
    魔宮の賄賂×2枚
    奈落の落とし穴×2枚

    盗賊の七つ道具×3枚
    聖なるバリア-ミラーフォース-
    神の宣告
    神の警告×2枚

    色付きは抜くかもしれないカード。
    手札事故の確率はそれなりにあるので、それをカバー出来る構築にするか、
    そこは割り切ってしまい残りの勝率を挙げる構築を目指すかを探っていきたい。

    《六武衆-ザンジ》に関しては《紫炎の道場》《大将軍 紫炎》との相性での採用。
    このデッキは《真六武衆-カゲキ》《六武衆の師範》《大将軍 紫炎》など、
    他のモンスターに関連して特殊召喚を行うカードが多く、
    「モンスターを多く引く」より「魔法罠を多く引く」事の方が動かないので、
    六武衆を多めに投入しておく必要がある。

    そこで《紫炎の道場》との相性も良く普通に使っていても比較的機能する《六武衆-ザンジ》は優秀。
    ただ、今までの構築からはあり得ない分、自信は無いので調整したら抜くのかもしれない。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    自分の興味があるジャンルのbot HOME 繋げない=実装=という訳でもない
    Copyright © そして最後にKissでしめるのさ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]