忍者ブログ
「デュエルはいつでも真剣勝負! 勝負は勝ってこそ華なんや!」
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新CM
    [11/13 サシバ]
    [11/13 反空]
    [11/12 サシバ]
    [11/05 反空]
    [10/24 たかやん]
    ブログ内検索
    プロフィール
    HN:
    反空
    性別:
    男性
    自己紹介:
    「鋼鉄の襲撃者」の頃から始めました。
    ネット環境ではエタバトやってます。
    次のランクが無理ゲーなので諦めムード

    エビルナイト・ドラゴン無限回収中
    カウンター
    広告クリックしてくれるとうれしいでつ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと接続できたので今使ってるハンデスギアバレー投げておきます。

    モンスター(12枚)
    墓守の司令官×3枚
    召喚僧サモンプリースト×2枚
    古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
    古代の機械騎士(アンティーク・ギアナイト)
    フレムベル・マジカル×2枚
    フレムベル・ヘルドッグ×3枚

    魔法(19枚)
    歯車街(ギア・タウン)×3枚
    月の書
    禁じられた聖槍×3枚
    強欲で謙虚な壺×2枚
    王家の眠る谷-ネクロバレー×2枚
    王家の生け贄×2枚
    テラ・フォーミング×3枚
    エクスチェンジ×3枚

    罠(9枚)
    奈落の落とし穴×2枚
    神の宣告
    マインドクラッシュ×2枚
    ダスト・シュート
    スキルドレイン×3枚

    ギアバレーが使う《墓穴の道連れ》の抱えていたデメリットを《エクスチェンジ》が解消してくれました。
    手札に《古代の機械巨竜》《フレムベル・マジカル》が来ても安心設計。

    ■エクスチェンジの魅力
    相手にドローさせないのでワンチャンを許さない。
    代わりに自分のドローもないが、元々トップ解決が存在するカードは非常に少ないギアバレーなので、
    ドローするよりも相手の手札にある汎用性溢れるカード、
    もしくは自分の構えを崩しにくるマストカードを奪いつつピーピングをする事で
    試合を有利に持っていけることが強く感じられる。

    ■奈落の採用について
    このデッキのスタートはスタダバレーの構えが多く、
    30打点の時とは違い、《暗黒界の龍神 グラファ》などの打点ゲーに屈してしまう。
    そこをフォローするためにも《奈落の落とし穴》を採用。
    今まで入っていた《魔宮の賄賂》は《スターダスト・ドラゴン》が補ってくれるため安定感はある。

    ■サイドに里
    今、サイドに《魔法族の里》を仕込んでます。
    意識は対暗黒界で、このデッキであれば魔法使いが多く存在するので発動機会にはそれほど困らず、
    また、相手はフィールド魔法を発動できないためこのカードを突破することが困難になります。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    初めまして。
    風さんのところから足跡付けさせていただきました。
    昔、チーム九極に所属していた者です。

    実際は、エタバトで対戦したことが何回かあるので初めましてではないのですか^^;

    ギアバレーについての考察、1枚1枚の存在意味、デッキ記事を読ませていただきました。

    とても分かりやすく、参考になります。
    今後も更新楽しみにしております
    m(_ _)m
    たかやんさん / 2011/10/24(Mon) /
    無題
    コメントが遅れてしまいすいません。
    こちらこそ、こちらでは初めまして。

    エタバト対戦した時には九極の方であると知っていましたので緊張ながらやってましたw

    ギアバレーは(無駄に)流行る前から使っていたので自分なりの形もあり、これからも使っていきたいデッキなので楽しみにしていてくださいな。

    ではではありがとうございます。
    反空さん / 2011/11/05(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    優勝の報告とレシピについて HOME ブログ変更します
    Copyright © そして最後にKissでしめるのさ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]