忍者ブログ
「デュエルはいつでも真剣勝負! 勝負は勝ってこそ華なんや!」
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [11/13 サシバ]
    [11/13 反空]
    [11/12 サシバ]
    [11/05 反空]
    [10/24 たかやん]
    ブログ内検索
    プロフィール
    HN:
    反空
    性別:
    男性
    自己紹介:
    「鋼鉄の襲撃者」の頃から始めました。
    ネット環境ではエタバトやってます。
    次のランクが無理ゲーなので諦めムード

    エビルナイト・ドラゴン無限回収中
    カウンター
    広告クリックしてくれるとうれしいでつ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    モンスター(18枚)
    黄泉ガエル
    雲魔物-タービュランス×3枚
    雲魔物-スモークボール×2枚
    フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
    ジェネクス・コントローラー×2枚
    ジェネクス・ウンディーネ×3枚
    グローアップ・バルブ
    D-HERO ディアボリックガイ×2枚
    A・ジェネクス・バードマン×2枚

    魔法(10枚)
    貪欲な壺×2枚
    未来融合-フューチャー・フュージョン
    死者蘇生
    強欲で謙虚な壺×3枚
    ワン・フォー・ワン
    ハリケーン
    おろかな埋葬

    罠(12枚)
    水霊術-「葵」×3枚
    神の宣告
    心鎮壷(シン・ツェン・フー)×3枚
    リミット・リバース×2枚
    リビングデッドの呼び声
    デモンズ・チェーン×2枚

    エクストラデッキ
    E・HERO アブソルートZero
    TG ハイパー・ライブラリアン×2枚
    アーカナイト・マジシャン
    アームズ・エイド
    スクラップ・ドラゴン
    スターダスト・ドラゴン
    フォーミュラ・シンクロン×2枚
    ブラック・ローズ・ドラゴン
    レアル・ジェネクス・クロキシアン
    氷結界の虎王 ドゥローレン
    氷結界の龍 グングニール
    氷結界の龍 トリシューラ
    氷結界の龍 ブリューナク

    構築的に《デモンズ・チェーン》《リミット・リバース》を採用した永続罠構築で、帝構築は諦めました。
    劣化ジャンドだけど《水霊術-「葵」》でのゲームコントロールなど、完全な劣化でもないので
    フリプレなどでは面白いのでエタバトだと好んで使っています。

    《氷結界の龍 トリシューラ》までの基本パターンとかもあるけれど、回しながら覚えるのが一番かな。
    そこまで複雑な動きもしないので「こういうのもあるかー」程度に。

    《雲魔物-スモークボール》が2枚の理由は以前に書きましたので良ければこちらもどうぞ。
    http://hank1230.blog.shinobi.jp/Entry/568/
    PR
    ◆雲
    このデッキは○○は引いたけど○○をひかないから弱いって事が起こり易いので、
    可能な限りのシナジーを叩きこむ。それに加えつつバックに対する回答も付加出来るのが理想。

    ●複数のターンに跨ってだけど《雲魔物-タービュランス》を有効に使う方法
    ・《A・ジェネクス・バードマン》
    《雲魔物-タービュランス》NS
    <次のターン>
    《雲魔物-タービュランス》効果で《雲魔物-スモークボール》SS
    《雲魔物-タービュランス》を手札に戻して《A・ジェネクス・バードマン》SS
    《雲魔物-タービュランス》をNS→カウンターは2個

    この時点で場のモンスは
    ☆4《雲魔物-タービュランス》(カウンター2)
    ☆3《A・ジェネクス・バードマン》
    ☆1《雲魔物-スモークボール》

    もう1体《雲魔物-スモークボール》を採用していればここから《氷結界の龍 トリシューラ》も出せる。
    ただ、《雲魔物-タービュランス》との相性は非常に良い一方で、他のカードとのシナジーとなると難しい。
    《ジェネクス・ウンディーネ》も効果が再利用出来たり《フィッシュボーグ-ガンナー》手札に加えて
    3+3で《氷結界の虎王 ドゥローレン》まで含めたシンクロが可能ってのは一見すると良い事だけど、
    これが先行でやって強いプレイなのかと質問されると疑問が残る。

    完全に《氷結界の虎王 ドゥローレン》中心で動かすデッキなら良いけど、
    自分が組んでいる雲はアドを稼ぐ手段にはなるけど、
    先行から出してバック強くしながら戦うのじゃないから出してるというより「出されてる」感が強い。
    なので「強いっちゃあ強いけど、ぴったりではない」というのが本音。

    《D-HERO ディアボリックガイ》と《A・ジェネクス・バードマン》が採用されてるなら
    《終末の騎士》が強いね!ってなるけどスペースないし召喚権も厳しいのでそれはパス。

    ◆簡易融合の嘘っぱちさは異常
    展開補助のカードなのに《大寒波》に対応しないってのは流石に厳しい。
    他のカードとのシナジーも薄いので手札事故の元。
    止めにエクストラ超圧迫ときたら限界を感じる。
    融合の代わりに《氷結界の虎王 ドゥローレン》を入れて
    シンクロで使用した《リミット・リバース》を回収するプレイの方が遥かに強い。
    雲で《フィッシュボーグ-ガンナー》を《月の書》で裏にされる回答を考えてて、
    そうだもう1体《フィッシュボーグ-ガンナー》がいれば問題ないじゃん!って思って話したら
    「なら横の非チューナー月されるね」
    全くその通りでございます。

    帝がある種その回答を含めていたわけだけど、
    ここに重点として置きすぎるとコンセプトが「雲」じゃなくて「帝」になる。
    召喚権使う以上はシナジーはそこまで見込めないと判断して、別のカードを採用した方が良い気がするが・・、
    さて、どうしたもんかねぇ。

    ◆ラヴァル
    フリーで回したら強いところ弱いところあったので雑記程度に。
    強い点:
    《フレムベル・ヘルドッグ》からの《ラヴァル・ランスロッド》SS←ヘルドッグからはこれしか出してない
    《封印の黄金櫃》での《真炎の爆発》サーチ
    《トラップ・スタン》からの行動

    弱い点:
    墓地にラヴァルが居ない状態での《ラヴァル炎火山の侍女》の処理
    《クレイジー・ファイヤー》のダブつき←3枚引いた

    総じてラヴァルじゃなくていいよね構築だった。《フレムベル・ヘルドッグ》最強。
    以前のだと普通に《ラヴァル・ランスロッド》以外フレムベルで構築したほうが安定するので、
    ラヴァル色を強めるなら別のカードを使ってみないと難しそう。
    早く最新弾でないかなぁ。状況によっては《炎の精霊 イフリート》新テキスト集める。

    続きは興味本位でやってみた成分解析。

    雲の構築に行き詰ってSinウイルスに《バーサーク・デッド・ドラゴン》突っ込んだりしてたら気付いたけど、
    《古代の機械巨竜》(アンティークギア共通)の攻撃宣言時からの魔法・罠使用不能中に
    何らかのカードを発動してもモンスター効果以外からは一切カウンターされないので発動を通せる。

    たとえ相手にとってのマストカウンターだったとしてもどや顔で通す事が出来る。
    これ結構強い。

    ◆強いデッキ
    1枚で機能するカードが多いデッキは強い。
    デッキのカードが全てシナジーするデッキは強い。

    前者はBFみたいなデッキ。後者はブレードとかのぶん回し。
    つまり自分が構築したときに理想とした動きを行えるデッキが総じて強い。

    ◆で、雲は
    雲の理想は少なくとも自分としては《TG ハイパー・ライブラリアン》を場に出して、
    《フィッシュボーグ-ガンナー》のコストを実質踏み倒してのシンクロ滝登りやシンクロ連打だと思ってる。

    それを行う場合は
    1.《TG ハイパー・ライブラリアン》が場に居る事
    2.《フィッシュボーグ-ガンナー》を特殊召喚する条件(水3以下)が場に居る
    3.シンクロ素材がいる(出来るだけ《氷結界の龍 トリシューラ》などに繋げる奴)

    これらが最低限必要になって来て、これを1ターンで行うのは困難。
    複数のターンからこの条件を満たそうと思う場合《月の書》《神の警告》に対する回答が欲しい。
    結果《大寒波》が欲しくなるが制限カード、《封印の黄金櫃》でサーチするにしてもターンが掛かる。
    これらから今まで採用していた帝とガエルを抜いての《デモンズ・チェーン》採用
    フィフ型にチェンジして、《大寒波》から《氷結界の虎王 ドゥローレン》からの
    シンクロ滝登り中ロックを解除して動ける構築が悪くないのかなって思ってます。
    (コメントで頂いた構築そのままですね)

    兎にも角にも単体では役立つとは言い辛い集団なので、
    初手が《雲魔物-タービュランス》+《ジェネクス・ウンディーネ》みたいなコンボが発生する手札でなければ
    カードパワーでどんどん押し切られてしまうケースが多い。
    (帝を使っていたのは汎用性からの誤魔化しに近い。相性が良いんじゃなくて腐らずに使えるだけ)

    雲はもうちょい対戦する機会があればなー。
    現状対戦する機会があまりないので記事としての回数は減りそうです。申し訳ない。
    だからいったじゃないですかー!やだー!
    《抹殺の使徒》のゴールドが結構カッコイイ。
    《ライトロード・ハンター ライコウ》もゴールド仕様とマッチしてる。
    今年のGSは前期までのと違って名前のダイヤモンドカットがシークレットに近い配色になってる(?
    個人的にはこっちの方が好き。

    ◆雲
    《簡易融合》は☆1水属性と一緒に手札にきてさえいれば、
    それら以外に《フィッシュボーグ-ガンナー》コストで手札2枚消費をすれば
    《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》+2ドローが出せるから弱い訳はない。

    でもそれは《フィッシュボーグ-ガンナー》がある前提での話。
    もしなかったらかなりパフォーマンスの悪いカードに落ちる。
    ″一応″《邪帝ガイウス》のリリースコストになったり、使えないわけではないけど、
    2枚消費じゃ《神の警告》に弱いし、有効的に攻める手にはならない。

    《鬼ガエル》は帝握ってると強い。
    それ以外は基本シンクロと絡み辛いところがある。

    要は《フィッシュボーグ-ガンナー》なので、これを引き入れるギミックか落とすギミックが欲しい。
    HOME 次のページ
    Copyright © そして最後にKissでしめるのさ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]